超乾燥肌と紫外線

紫外線はシミ、シワの大敵!セラミドで肌のバリア機能を保つことの重要性

紫外線対策を普段からしている女性も多いと思います。

 

何といっても紫外線は肌の大敵。対策を怠ってしまうとシミやしわ発生の直接の原因になってしまいます。

 

紫外線をカットするクリームなどは多く販売されていますが、実は乾燥肌を改善する効果のある「セラミド」も紫外線からの刺激を弱めるための大事な役割を果たしています。

 

 

セラミドが不足すると紫外線の影響が大きくなる!→しわ・シミの発生に!

 

セラミドはお肌の角質層にある成分なのですが、細胞と細胞の隙間に合ってセメントのような役割を果たしています。(細胞間脂質と呼びます。)

 

セラミドが減ってきてしまうと、肌が薄い状態になってしまったり、スカスカの状態になります。(見た目には大きくその違いは分かりません。)

 

つまり隙間から紫外線が入ってきやすく、角質層のさらに奥にある真皮層にまでダメージを与えてしまんです。

 

そうなると真皮層にあって肌の弾力やはりの元になっている「コラーゲン」や「エラスチン」が破壊されてしまいます。

 

年を取っていくと自然とシワが出来てしまうのは、コラーゲンやエラスチンが減ってしまうからです。

 

紫外線対策しない。あるいはセラミドの減少を放置しておくと、同じ年なのに老けて見られるシワやシミが増えてしまうんですね。

 

夏はもちろん冬でも雨の日でも紫外線対策は大切

 

夏場は紫外線対策をより意識する季節ですが、冬でも雨の日でも紫外線対策は怠ってはなりません。

 

太陽の光が見えていなくても、肌にダメージを与える紫外線は常に降り注がれています。

 

部屋の中でも日の光にあたっていれば紫外線は少しではあってもダメージを与えています。

 

紫外線をカットするクリームはもちろんのこと、セラミドでの保湿ケアも、寝る前などのタイミングでしておきたいところですね。

 

セラミドにシミを消す効果はあるの?

「セラミドの入った化粧品で、日焼け・紫外線ダメージで出来てしまったシミを消すことができるんじゃないの?」

 

こんな思いをもしかしたらもっている女性もいるかもしれませんが、これはほぼ間違いです。

 

シミの原因である「メラニン色素」が、局所的に増えてしまった状態を治すことはできません。

 

しかし、セラミドの量を保つことで肌のターンノーバーの乱れを防ぐことはできます。

 

すでに出来てしまったシミには、クリニックのレーザー照射などで取り除くのが手っ取り早いです。

 

その後のシミ予防のためにセラミド化粧品を活用するのはオススメですね。